To PageTop

はい。激しく久しぶりです。

例によって更新をサボる私です。

前々からどうしようか考えていたWordPressのテーマ開発ですが、某所にて、中身を見てみたいとのご要望がありましたので、とりあえず当サイトで使用しているテーマを公開してみます。

使ってみようなんていう奇特な方が居るかどうかはともかく、何かありましたらお問い合わせよりお知らせ下さい。
(何より、バグ報告頂けると有難いので←)

それにしても、今ソース見ると開発用の回りくどい記述だとかそういうのが残ってますねぇ…。
そのうちブラッシュアップできればやろうかなー…と思いつつ、多分そのままなんでしょうね。

更新履歴

1.3.1
  • 最近のWP及びPHPのバージョンとの互換性を維持できるように更新。たぶん1.3.0以前だとPHPのバージョンを上げると一部(ポートフォリオ一覧あたり)動かなくなるはず(適当)。
1.3.0
  • WordPress4.0において、画像処理ライブラリが動かない場合があるので、その際にライブラリを無効化した場合にお知らせ機能のサムネイルを直接指定できるように変更。
    (元々、画像自体は出力されるようになっていましたが、サムネイルを指定しない場合、小サイズで出力されませんのでそれを任意に行う為に、WPのサムネイルを有効化しました。
    尚、今後の方向性的に、画像処理ライブラリ自体は流れとして廃止の方向なので、こちらについては使用可能なようにfixする予定はありません)
1.2.3
  • ポートフォリオ・サムネイル一覧テンプレートのbugfix.
    (子カテゴリの複数表示に問題があったのを修正)
1.2.2
  • 管理画面のポートフォリオ記事リスト画面のサムネイル表示機能を拡張。
  • 画像生成関連のコードを整理、共通関数化。
    ※TimThumb無効かつ表示対象となる画像の指定サイズが未生成の場合、指定サイズの画像を自動生成するようになりました。
  • ぷちbugfix。
1.2.1
  • 管理画面のポートフォリオ記事リスト画面へ、サムネイル表示追加。ぷちbugfix。
1.1.1
  • デバッグコード除去。ぷちbugfix。
1.1.0
  • Lightboxの亜種クローン、PrettyPhotoを使用した画像表示エフェクト機能を追加。
1.0.8
  • ちょっとしたbugfix。
1.0.7
  • トップページロゴ関係の設定項目を追加。
    ついでに周辺のコードを整理。
1.0.6
  • index.phpの中に紛れ込んでいた余計なdivタグを削除。

テーマの特徴

デザイン関連
  • 基本的にほぼ白黒のどシンプルな見た目
  • トップページの擬似入り口ページ風デザイン
    (スクロールに気づかれない可能性有り←)
  • フルレスポンシブ対応
機能関連
  • 独自の管理画面で設定可能な多数のオプション有り
    例:
    • メインイメージ画像
    • タイトル文字の表示方法、ロゴ表示
    • 背景画像
    • Webフォントの選択や色指定
    • サイドバーレイアウトの選択
    • サイトの表示横幅指定
    • 各トップページ要素の使用不使用切り替え、その他設定
    • フッターのカスタマイズ設定
    • 画像処理方法の設定
    • ソーシャル系アイコンリンクの設定
    • コンタクトページの各種設定
    • …etc
  • 画像処理スクリプトが有効の場合、動的な画像リサイズ
    (表示に併せて任意に自動リサイズされます。モバイルの場合も同様です)
  • ポートフォリオ関連の記事カテゴライズ表示特化テンプレート
    (そもそもが画像を見せる為のポートフォリオサイト向けです)
  • 一般的なブログ機能
  • 任意選択可能な、記事アーカイブページでのAjaxによる自動読み込み機能
    (スマフォ等で重宝する、Twitter公式等で使用されている下までスクロールしたら続きが読み込まれるアレです)
  • 『ほぼ』日本語
    (普段目にしないような場所にところどころ未翻訳が混じっています)
  • お知らせ(インフォメーション)機能
    (Webサイトによくある、任意URLへ誘導する為のバナーだったりするアレです)
  • フレームワークによるテキストエディターの拡張
  • テーマ側へのスタイル適用による、エディターと実表示の近似化
  • トップページへの『最終更新日』表示

その他

このテーマは、Woothemesさんのテーマで使用されているフレームワークを使用して、フレームワーク本体側の構成ファイルはそのままの形を維持しつつ、色々とカスタマイズを加えて作成されています。

元々のフレームワークは全て英語ですが、必要と思われる関連部分はほぼ日本語化して翻訳ファイルを付属させています。ただし、一部においては意訳などというレベルではなく、原文章とは全く違う内容となっていますので、万一参考にしようなどと考える方はご注意下さい。
翻訳としての正確さよりも、実機能の説明に重きを置いています。

尚、一応はWordPress公式のテーマチェックをパスできるように作成されています。
(フレームワーク部分で『注意』と『情報』は出ますが特に問題は無い…はずです)

使用方法

WordPressのテーマディレクトリに解凍して出てきたフォルダごと突っ込んで下さい。
その後、管理画面よりテーマ選択で選択すればそのまま使用可能です。
(ただし、画像の自動処理を行うにはキャッシュフォルダのパーミッションをWebサーバーが書き込み可能に設定する必要があります)
当テーマのWordPress対応バージョンは3.5以降となっています。
画像処理部分に、該当バージョン以降で追加された関数を使用しています。

ただし、ポートフォリオやインフォメーションについてはカスタムポスト及びカスタムタクソノミーを使用しているので、ほぼ確実に引き継ぎ等はそのままでは行えません。
(これが行える方にはそもそも説明は不要と思われます)

また、画像処理スクリプト(TimThumb)を使用する場合は、テーマの構成ファイルがあるディレクトリのcacheディレクトリのパーミッションを書き込みが可能なように変更してください。
これを設定しないと画像が出なくなります。


“WordPressのテーマ。”へ 2 件のコメントがあります。